目頭切開術・目尻切開術・目袋除去術

目頭切開

費用を見る

目頭に隠されていたあなた本来の目を。

目頭切開とは

目頭をおおい上まぶたの皮膚を引き下げているモウコヒダ(蒙古襞)を切開して広げる手術です。この手術で、隠されていた目の内側が見えるようになると、本来の目の大きさを取り戻すので、『活き活きとパッチリとした目』に、また目と目の間がひきしまって『はっきりとした目』に見えます。さらに、二重も目頭から目尻まできれいに見える“平行型”になります。

適応症状
  • 目を大きく見せたい方
  • 平行型の二重を希望の方
  • 目と目が離れて見える方

治療方法

形成外科で行う、引きつって突っ張った傷跡を切広げて治す 『Z形成術』や『W形成術』を応用したのが『目頭切開術』です。 モウコヒダの皮膚に“Z”や“W”の形の切開を行い、皮膚を組み替えて縫い直すと ヒダが伸びて被さりが無くなります。 たいへんデリケートな手術ですので、手術用拡大ルーペで見ながら“8−0”という極細糸で縫合します。 モウコヒダの元々の形となりたい形を参考に“Z”か“W”を判断しています。

【主なリスク・副作用】
内出血斑、血腫形成、細菌感染、
涙管損傷による流涙、瘢痕(傷跡)が残る、
知覚鈍麻、結果の左右差、希望と異なる結果、
皮膚の歪みによるシワ

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。

目尻切開

費用を見る

目を横方向へ大きくみせる手術のひとつ。

目尻切開とは

目頭切開と同様な手術ですが、こちらは本来の目尻の形を無理に切広げるものです。瞼の縁の形や眼球の外側端の形をあまり不自然にしない為には、控えめなデザインが必要で、結果として劇的な変化を望むものではありません。

適応症状
  • たれ目の方
  • つり目の方
  • 切れ長な目にしたい方

治療方法

切開幅や角度は、目の形状や顔全体のバランスを考慮してデザインをします。 目元に麻酔を行い、デザインした部分に沿って切開し、 余分な皮膚や組織を切除します。 両目のバランスをチェックし、切開部分を縫い合わせれば終了です。

【主なリスク・副作用】
内出血斑、血腫形成、細菌感染、眼球結膜浮腫、
眼球結膜血腫、瘢痕(傷跡)が残る、
結果の左右差、希望と異なる結果

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。

目袋除去術

目の下の陰は、ふくらみをとればすっきり若返り。

目袋除去術とは

年齢と共に目の周囲の筋肉がゆるんでくると、目の下の膨らみが目立つようになります。若い方でも目の下の脂肪が多いと老け顔の原因となることもあります。脂肪を除去してあげることで目元もすっきりし、若々しい印象を作ることができます。

適応症状
  • 目の下の膨らみで老けた印象の方
  • クマを解消したい方

治療方法

事前にどの部分の脂肪をどれだけ取るかを検討します。 下まぶたを裏返して結膜部分を少し電気メスやレーザーメスで切開し、 ふくらみの原因である眼窩脂肪を引きだして切除します。 止血をして終了です。結膜は縫合なしでOKです。

【主なリスク・副作用】
内出血斑、血腫形成、細菌感染、眼球結膜浮腫、
眼球結膜血腫、瘢痕(傷跡)が残る、
結果の左右差、下眼瞼陥凹、眼球陥凹、下眼瞼たるみ

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。