女性の悩み

小陰唇縮小術

費用を見る

悩みはすっきりさせましょう。

小陰唇縮小術とは

小陰唇のはみ出しが多い、左右の大きさが異なるといった悩みに対して余分な組織を取り除ききれいに縫い縮めることに形を整える手術です。

適応症状
  • 小陰唇が肥大している、左右の大きさの違いが気になる方

治療方法

小陰唇の大きすぎる部分や左右差のある部分を切除して溶ける糸で縫い縮めます。 溶ける糸を使用しますが、腫れや傷跡を目立たなくするため約1週間後に抜糸を行います。

【主なリスク・副作用】
腫れる、内出血斑、血腫形成、細菌感染、傷が開く、傷の治りが悪い、
瘢痕(傷跡)が残る、知覚鈍麻、知覚過敏、
結果の左右差、希望と異なる結果、排尿時違和感、性交時違和感

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。

陥没乳頭形成術

費用を見る

いつも出ている乳頭が安心です。

陥没乳頭形成術とは

乳頭が扁平、もしくは下に凹んだ状態の乳首をいいます。
放っておくと陥没した部分に垢がたまって乳腺炎、乳頭炎の原因になったり、授乳に影響が出る場合がありますので、治療をおすすめします。指先で触ると乳頭が出てくるような軽度の方は市販の乳頭吸引器で改善することもあります。

適応症状
  • 引き出しても元に戻ってしまう陥没した乳頭

治療方法

陥没の程度により
1.Z形成術(難波法)
2.酒井法
3.酒井Ⅱ法
を選択して行っています。

【主なリスク・副作用】
腫れる、内出血斑、血腫形成、細菌感染、
瘢痕(傷跡)が残る、知覚鈍麻、知覚過敏、
結果の左右差、希望と異なる結果、再発、
見た目の違和感、授乳障害、乳腺炎

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。

乳頭縮小術

”異常”の基準はないのですが、”大きい”悩みを解決します。

乳頭縮小術とは

バストや乳輪に対して大きくなった乳頭を小さく整える手術です。
先天的なものから、妊娠、授乳に伴い大きくなることも多く、悩まれる女性も少なくありません。
手術により長さや太さなど、比較的簡単な手術で治すことができます。

適応症状
  • 乳頭の大きな方

治療方法

径を小さくするには、3ヶ所ほど三角形に一部切除し、縫合します。

高さ(長さ)が気になる方は根元から1/2くらいまでの表面をぐるりと切除し、中に押し込むように縫合します。

思い切って小さくしたい場合は、中央部“魚の口” のように切除し、縫合します。いずれも傷痕はほとんど目立ちません。

年齢:22歳 施術前 / 施術後1ヶ月

【施術概要】
肥大した乳頭組織を、
縦横に切除し、縫合します。

【リスク・副作用】
腫れ、傷跡、左右差、授乳障害

【費用】
乳頭縮小術 240,000円〜

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。

乳輪縮小術

乳輪縮小術とは

乳輪肥大といい、胸全体から見て乳輪が大きな方に適した手術です。
比較的バストの大きな方やバストの発育と共に現れるものなどさまざまです。

適応症状
  • 乳輪の大きさの気になる方

治療方法

乳輪をドーナツ状に切開し縫合することで、お好みの大きさに近づけることのできる治療です。

【主なリスク・副作用】
腫れる、内出血斑、血腫形成、細菌感染、
瘢痕(傷跡)が残る、知覚鈍麻、知覚過敏、
結果の左右差、希望と異なる結果、再発、
見た目の違和感、皮膚の歪みによるシワ

施述時間や治療回数などは、
カウンセリング当日にお伝えいたします。
気になる方は事前にメールでの相談も
受け付けていますので、
お気軽にご相談ください。